ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ゴミ収集カレンダー
◆施設の予約状況
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  古座川町ふるさとづくり寄付条例について
古座川町ふるさとづくり寄付条例

 (目的)
第1条 この条例は、豊かな自然を守り、元気あふれるまちを実現するために寄付金を募
 り、それを財源として多様な人々の参加によるふるさとづくりに資することを目的とする。

 (基金の設置)
第2条 前条に規定する目的に対し、古座川町に寄付を行う者(以下「寄付者」という。)か
 ら収受した寄付金を適正に管理運用するため、古座川町ふるさとづくり基金(以下「基
 金」という。)を設置する。

 (寄付金の指定等)
第3条 寄付者は、自らの寄付金を財源として実施される事業を、次の各号のうちからあ
 らかじめ指定することができる。
 (1) 古座川の環境保全に関する事業
 (2) 森林整備及び水源かん養に関する事業
 (3) 社会福祉に関する事業
 (4) 教育・文化に関する事業
 (5) 集落の維持活性化に関する事業
2 この条例に基づいて収受した寄付金のうち前項に規定する事業の指定がない寄付金
 については、ふるさとづくりの課題に応じて、町長が事業の指定を行うものとする。
3 町長は、前項の指定を行った場合、直ちに寄付者にその内容を報告しなければならな
 い。

 (基金への積立て)
第4条 基金として積み立てる額は、前条の規定により寄付された寄付金の額とする。

 (基金の管理)
第5条 基金に属する現金は、金融機関への預金その他もっとも確実かつ有利な方法に
 より保管しなければならない。

 (基金運用益の処理)
第6条 基金の運用から生じる収益は、一般会計歳入歳出予算に計上して、この基金に
 編入するものとする。

 (基金の処分)
第7条 基金は、第3条第1項各号に規定する事業に要する費用に充てる場合に限り、そ
 の全部又は一部を処分することができる。

 (寄付者への配慮)
第8条 町長は、基金の積み立て、管理及び処分その他基金の運用にあたっては、寄付
 者の意向が十分反映されるよう配慮しなければならない。

 (運用状況の報告及び公表)
第9条 町長は、毎年度の終了後6ヵ月以内にこの寄付金の運用状況について議会に報
 告するとともに、公表しなければならない。

 (委任)
第10条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

     付 則
 この条例は、平成20年4月1日から施行する。


Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved