ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ゴミ収集カレンダー
◆施設の予約状況
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  平成29年採用 古座川町地域おこし協力隊募集について 随時募集
平成29年採用 古座川町地域おこし協力隊募集します 。
                


古座川町は和歌山県南東部に位置し、総面積は294.23㎢で県下有数の広域な面積を有しています。かつて基幹産業であった林業の衰退ににより、人口の流出と急速な高齢化が進んでいます。
和歌山県で最も過疎化が進んだ町、古座川町。しかもその町の一番上流域にあたる「七川地区」が活動地域となります。

≪受入団体≫
・七川ふるさとづくり協議会

七川地区では「地域の活性化と地区住民が生きがいを持って、明るく健康的な生活を送る環境をつくり、次の世代に持続可能な地域を継承する」ことを目的に平成28年11月に「七川ふるさとづくり協議会」を発足させました。その七川ふるさとづくり協議会が、地域おこし協力隊の受入団体となり、協力隊員と共に活動に取り組みます。
協議会が用意した「世話人」が、地域おこし協力隊の活動をサポートします。

古座川町七川地区では、約50年前から柚子の栽培が始まりました。現在町内全域に生産者は、約100人います。資源である柚子を中心にした農産物の加工と販売は、都市住民と古座川町の住民をつなぐ役割を持っています。
消費者との交流を深めモノだけでなく情報や人も交流する関係を築くために、事業と運動を展開していきます。

隊員は1年間(最長で3年まで延長可能)生活をしながら、コミュニティ活動の支援や、農業支援・地域資源の活用と掘り起こしに関する活動等を行います。



1.業務概要
(1)地域づくり活動
・地域住民の考えや気持ちを理解するための聞き取り調査
・地域の現状把握(状態調査と要求調査の実施 集計と分析)
・何が地域住民に必要なのかを事業の中で一緒に考える取り組み  など

(2)農業支援・地域資源の活用と掘り起し(生産、加工、流通、販売、商品開発)
・農業部門、製造部門、販売部門での研修・支援
・柚子園と野菜畑および水田の維持管理
・循環型農業(柚子皮堆肥づくり)への取り組み
・各生産者の訪問聞き取り調査・研修・支援
 (農産物)ニンニク、お茶、
 (林産物)シキミ、サカキ、ウラジロ、千両、椎茸、ゴンパチ
 (水産物)鮎、エビ、ウナギ、ズガニ
 (畜産物)ニホンミツバチ、ジビエ  など

(3)伝統文化の継承活動
・伝統文化の伝承活動
・郷土料理の調査及び普及活動  など

(4)地域環境保全活動
・環境問題に取り組む企業などの受入
・環境保全活動として古座川の流域で活動する「古座川らんど」への参加
・ニホンミツバチとサンショウウオを守る取り組みなど

2.募集対象
(1)年齢
 平成29年1月1日時点で満22歳以上満40歳以下の方。
(2)住所
 生活の拠点を、三大都市圏をはじめとする都市地域等(過疎地、山村、離島、半島等の地域に該当しない市町村)から和歌山県古座川町に移し、かつ住民票を移動できる方。
(3)普通自動車免許を有する方。
 ※活動用の軽自動車は用意しますが、日常生活を送る上で自家用自動車が必要となります。
(4)地方公務員法第16条に規定する一般職員の欠格事項に該当しない方。
(5)パソコンを日常的に利用されている方(ワード・エクセル)。
(6)地域の特性や風習を尊重し、地域住民との積極的にコミュニケーションを図れる方。
(7)活動に際して、町条例及び規則等を遵守できる方。
(8)任期終了後も本町に引き続き定住する意志のある方。

3.募集人数
 1名

4.勤務地
 古座川町七川地区

5.勤務時間
(1)活動日数は原則として週5日とします。
 ※休日に出勤した場合は振替対応を原則とします。
(2)標準的な活動時間は8時から17時(8時間勤務、休憩時間12時~13時)まで週40時間を基本とします。
※活動時間以外で業務に支障がなければ、兼業についても認めます。
※活動内容によって、活動時間に変更が生じる場合があります。
(3)休日 原則として土日祝祭日とします。
  半年以上の勤務で年休10日、年末年始の休暇は12月29日から1月3日までの間。
 ※休日に出勤した場合は振替対応を原則とします。

6.雇用形態・期間
(1)古座川町非常勤職員として、町長が委嘱します。
(2)平成29年4月1日以降(採用の日)から平成30年3月31日まで。
 ※転居等の都合により平成29年4月1日からの着任が困難な場合は、ご相談させていただきます。
 ※最長3年まで延長ができます。ただし、協力隊員としてふさわしくないと判断した場合は、雇用期間中であっても雇用を取り消す場合があります。

7.給与・賃金等
報酬:月額167,600円(通勤手当・賞与あり)
※報酬から社会保険料等を控除します。

8.待遇・福利厚生
(1)保険等 健康保険、厚生年金、雇用保険に役場が加入します。
(2)住居については、受入団体にてご用意します。
(3)家賃・光熱水費等(水道・電気・ガス等)は自己負担となります。
(4)消耗品、旅費等の活動に必要な経費については、予算の範囲内で負担します。
(5)活動に必要な軽自動車、パソコンは貸与します。
(6)着任準備に要する経費(引っ越し費用、生活備品等)は、各自の負担となります。

9.募集受付期間 随時募集
2017年2月28日 ~ 2017年5月31日

10.審査方法
(1)応募手続き
 応募受付期間中に提出書類を郵送若しくは持参

(2)提出書類
 ①履歴書・職務経歴書(様式自由)
 ②現住所の住民票抄本
 ③「応募の動機」「地域のために働く意気込み」「自身の強み」など自己PRして下さい。
   (1,200字程度)

◆提出先
 〒649-4104 和歌山県東牟婁郡古座川町高池673番地2
             古座川町役場 総務課

◆審査方法
 (1)第1次選考(書類選考)
  書類審査の上、結果を応募者全員に文書で通知します。
 (2)第2次選考(面接)
  第1次選考合格者を対象に面接試験を行います。
  詳細については、対象者に別途お知らせします。
  なお、第2次選考に要する交通費や宿泊費等は、応募者負担となります。
 (3)最終結果 
  最終結果は文書で対象者全員に通知します。

・不採用理由についての問い合わせにはお答えできませんのでご了承ください。

○その他
  募集に関する質問は、下記の総務課メールアドレスにて受付を行います。
  メールのタイトルに【地域おこし協力隊質問】と記入してください。
  総務課アドレス: *_soumu-o@town.kozagawa.lg.jp
  
  電話による質問は受け付けません。
  質問に対する回答は、質問者に対しメールにて回答します。

11.備考
採用については、平成29年度の予算成立が前提となりますので、ご了承ください。

12.参考URL:移住・交流推進機構「地域興し協力隊」(外部リンク)
https://www.iju-join.jp/chiikiokoshi/search/detail/12829
Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved