ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ごみ収集予定表
◆施設の利用について
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  古座川町の概況
 古座川町は、和歌山県南東部に位置し、東西19.5km、南北21.7km、面積294.23k㎡を有しています。町の最北にそびえる紀伊半島南部の最高峰、大塔山(標高1,121m)に源を発する古座川が町の中央を流れ、役場が所在する高池地区は古座川河口域に位置し、大半の集落は川添いの狭小な耕地に散在し、町を形成しています。町面積の約96%が森林で、気候は一般に温暖多雨で樹木の育成に適しており、良質な古座川材の産地として古くから知られています。また、古座川流域は、豊かな観光資源にも恵まれており、清流古座川を中心にレクリエーション地として注目されています。
 町制施行は、昭和31年3月31日に高池町、明神村、小川村、三尾川村、七川村の1町4村の合併によりなされましたが、合併当時には1万人いた人口も、令和2年1月1日現在では2,642人と大きく減少し、少子高齢化が進んでいるため、過疎化する集落を維持する様々な対策を講じているところです。
 町内交通は、国道371号を幹線とする道路網が中心であり、京阪神方面とは近畿自動車道紀勢線、国道42号線、鉄道ではJR紀勢本線により結ばれており、東京方面へは南紀白浜空港も利用されています。平成27年8月には近畿自動車道紀勢線がすさみ町江住まで延長された他、同年、小川地区の住民をはじめ、町民が待ち望んでいた中崎トンネルが開通し、9月には那智勝浦新宮道路が那智勝浦町市屋まで延長されたことにより、多方面へのアクセスがより便利になりました。今後も高速道路延長を要望していきます。
  ※円半径1目盛10km
  古座川町のシンボル
町章
中央の「古」は益々雄飛する姿を表現したもので末広の形を示し、三本線は清流古座川を表したものです。

町の花
やまざくら
クマノザクラ

町の木
すぎ

町の鳥

うぐいす
  古座川町のシンボル
 本ページでは、古座川町長から皆様へのご挨拶、町政要覧、人口と世帯数、古座川町へのアクセスなどをご覧いただけます。
◆古座川町長ご挨拶 ◆町勢要覧
◆人口と世帯数 ◆交通アクセス
Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved