ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ゴミ収集カレンダー
◆施設の予約状況
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  国民健康保険
 国民健康保険は、被保険者が病気やケガをしたとき安心して医療機関に受診出来るように、普段から保険税を出し合い、お互いに負担し助け合いする制度です。
 我が国では、国民全てがいずれかの医療保険に加入しなければならない「国民皆保険」となっています。職場の健康保険の加入者及び生活保護を受けている方以外は、すべて国保の加入者(被保険者)となります。
 加入は世帯ごとで保険証は被保険者1人に1枚を交付します。
国保に加入・脱退するときは14日以内に届け出をしないとなりません。
国民健康保険の手続き、国民健康保険税の納付、給付など詳しくは、下記ページでご覧下さい。
  後期高齢者医療制度
◎75歳になったら後期高齢者医療制
75歳(一定の障害のある方は65歳)以上になると、お医者さんにかかると後期高齢者医療制度が適用されます。
後期高齢者医療制度は75歳の誕生日から加入となります。65歳以上75歳未満で一定の障害のある方は申請が必要で、認定を受けた日から加入となります。
後期高齢者医療制度について下記、ページより詳しくご覧下さい。
  ひとり親家庭医療費助成制度
○ひとり親家庭医療費補助制度(所得制限あり)
児童を有する配偶者のいないひとり親家庭の医療費と入院時食事療養費を助成します。
※対象期間…児童が18歳に達する日以後、最初の3月31日に達するまで。
※支払方法…現物払い、償還払い併用
説明
・「償還払い」とは
 医療機関で受給者に一部負担金を支払ってもらう。その領収書をもって役場または各出張所に申請してもらい、後にその金額を受給者の指定口座に振り込む。
・「現物払い」とは
医療機関で受給者が一部負担金を支払わず、役場が直接医療機関に支払う。
  重度心身障害者(者)医療費助成制度
○重度心身障害者(者)医療費助成制度(所得制限あり)
重度心身障害児(者)医療として、身体障害者手帳1・2・3級の方、療育手帳のA判定の方、精神福祉手帳1・2級の方で、役場へ受給の登録申請を行っている方へは医療費の助成を下記の表のとおり行っています。
種類 対象区分 支払方法
身体障害者手帳1・2級
療育手帳A1・A2
一部負担金  入院時食事療養費 償還払い
現物払い
身体障害者手帳3級 入院時一部負担金 入院時食事療養費
精神福祉手帳1・2級 一部負担金  入院時食事療養費
  子ども医療費助成制度
乳幼児医療として、乳幼児の医療費と入院時食事療養費を助成します。
※対象期間…生まれてから、18歳に達する日以後最初の3月31日に達するまで。
※支払方法…現物払い、償還払い併用
  医療機関
◎町営医療機関
古座川町国民健康保険七川診療所(診療科目:内科・整形外科)
〒649-4562  和歌山県東牟婁郡古座川町下露376(TEL0735-77-0232)
曜 日 午 前(8:30~11:30) 午 後(1:30~4:30) 備  考
一般診療 往 診(七川地域)  
一般診療 〃   〃  
---------- ----------
整形外科診療
【予約診療のみ】
休診  
一般診療 往 診(七川地域)  

古座川町国民健康保険明神診療所(診療科目:内科)
〒649-4223  和歌山県東牟婁郡古座川町川口254-1(TEL0735-67-7113)
曜 日 午 前(8:30~12:00) 午 後(2:00~5:00) 備  考
一般診療 アレルギー外来(要予約)
一般診療 ----------
一般診療 往診
検査・一般診療 往診
一般診療 アレルギー外来(要予約)

古座川町小川へき地診療所(診療科目:内科)
〒649-4216  和歌山県東牟婁郡古座川町小川774-1(TEL0735-79-0104)
曜 日 午 前 午 後(2:00~3:00) 備  考
第1火 ---------- 一般診療
第3火 ----------

古座川町田川へき地診療所(診療科目:内科)
〒649-4212  和歌山県東牟婁郡古座川町田川144
曜 日 午 前 午 後(2:30~3:30) 備  考
第2火 ---------- 一般診療
第4火 ----------
※小川・田川へき地診療所については、曜日を変更することがあります。

古座川町三尾川へき地診療所(診療科目:内科・整形外科)

〒649-4455  和歌山県東牟婁郡古座川町三尾川944(TEL0735-75-0018)
曜 日 午 前(8:30~11:30) 午 後(1:30~4:30) 備  考
一般診療
★第1水曜日休診
一般診療または往診
★第1水曜日のみ
整形外科診療
(13:00~16:00)
【予約診療のみ】
※診療を隔週等で行っている曜日については、休日等の関係で週を変更することがあります。
  母子保健事業
◇新生児・産婦の家庭訪問を行い育児支援をしています。
◇乳幼児健診として、4ヶ月・6ヶ月・10ヶ月~1歳児・1歳6ヶ月・2歳6ヶ月・3歳6ヶ月児健診を実施(1歳6ヶ月・2歳6ヶ月・3歳6ヶ月児においては歯科検診実施)、スタッフは小児科医師、栄養士、看護師、保健師、歯科医師、歯科衛生士等で健診会場は串本町地域保健福祉センターにおいて実施しています。
◇親子交流会(おしゃべりルーム)を毎月1回子育て支援センターと住民福祉課で合同開催し、いろいろな遊びを行い、子育て不安の解消、孤立化の防止、親子の交流の場としています。
◇マタニティ教室を実施し妊娠中の生活や食事についてなど、マタニティライフを支援しています。スタッフは栄養士・助産師・保健師で実施しています。
また、「母子医療」については、「ライフステージ」でも詳しく紹介しています。
 
◆ライフステージ「妊娠・出産」

 
◆ライフステージ「子育て・子供」
  成人老人保健事業
成人老人保健事業としては、健康診査、健康相談、健康教育、訪問指導を行っています。
◎健康診断:平成29年度

検査内容 対象者
特定健診 問診、身体計測、血圧、尿、心電図、血液検査、(脂質・肝機能・腎機能・糖尿・貧血等) 健診日において、40歳以上75歳未満の、古座川町国民健康保険に加入している方
胃検診 問診、胃X線検査 50歳以上の方
大腸ガン検診 問診、便潜血検査 40歳以上の方
胸部検診 問診、胸部X線検査 40歳以上の方
喀痰検査 問診、喀痰検査 40歳以上の胸部検診を受診される方で、問診により対象となる方
乳ガン検診 問診、触診、マンモグラフィー(乳房X線検査) 40歳以上の女性
子宮ガン検診 問診、子宮頸部の細胞診  20歳以上の女性
前立腺ガン検診 問診、血液検査 50歳以上の男性
肝炎ウイルス検査 問診、血液検査 40歳の方41歳以上で、過去に古座川町検診の受診経験の無い方
ピロリ菌検査 問診、血液検査 40歳・45歳・50歳の方

どの検診も各地域において集団検診で実施しています。
尚、特定健診、胃検診、大腸がん検診、胸部検診、乳がん検診、子宮がん検診については、
医療機関で行う個別健診の方法もあります。詳しくは健康福祉課にお問い合せ下さい。

★平成29年度 集団特定健診・がん検診日程
 ①在住地区の日程で都合が悪ければ、他の地区で受診して頂いても結構です。
 ②地区ごとに受診時間が決まっていますので、お待ち頂くこともあります。
 ③準備が整い次第、受付開始時間前でも健診を始めさせて頂きますので、番号札を配付致します。
 番号札を配付時にお名前をお呼びしてもおられない場合は、順番をあとにまわさせて頂きます。
 ※②、③につきましては皆様ご理解のうえ、ご了承ください。
健診実施日 健診場所 対象地区 受付時間 対象地区以外で受診
平成29年
4月10日(月)
七川総合センター 七川全体 8:00~9:00
平成29年
4月11日(火)
三尾川小学校屋内運動場 三尾川 7:30~8:30 9:30~940
洞尾・蔵土・大川
長追・真砂・南平
8:30~9:30
平成29年
4月14日(金)
古座川町保健福祉センター 大柳・鶴川・明神
立合・相瀬・一雨
7:30~10:00 10:00~10:15
平成29年
4月15日(土)
古座川町保健福祉センター 潤野・直見・小川
川口・高瀬・中崎
7:30~10:00 10:00~10:15
平成29年
4月23日(日)
古座川町中央公民館 高池上部
池野山・楠
7:30~9:30
平成29年
4月24日(月)
古座川町中央公民館 高池下部
月野瀬・宇津木
7:30~9:30

★平成29年度 集団乳がん・子宮がん検診日程
 在住地区の日程で都合が悪ければ、他の地区で受診して頂いても結構です。
 準備が整い次第、受付開始時間前でも健診を始めさせて頂きますので、番号札を配付致します。
 番号札を配付時にお名前をお呼びしてもおられない場合は、順番をあとにまわさせて頂きます。
 皆様ご理解のうえ、ご了承ください。
健診実施日 健診場所 対象地区 受付時間
平成29年
6月8日(木)
三尾川
生活改善センター
七川・三尾川
乳がん検診 子宮がん検診
※受付
13:30~14:30
※レントゲン撮影
13:30~
※診察開始予定
14:30~
※受付
13:30~14:00

※診察開始予定
14:00~
平成29年
6月9日(金)
古座川町
保健福祉センター
明神・小川
平成29年
7月22日(土)
古座川町
体育館
高池
乳がん
検診のみ
乳がん・
子宮がん
検診両方
子宮がん
検診のみ
※受付
8:00~8:30
※レントゲン撮影
8:00~
※診察開始予定
9:00~
※受付
8:30~9:00
※受付
9:30~10:00
※診察開始予定
9:00~

◎健康相談
 希望があれば地域へ出向く事ができます。また、必要時、電話か健康福祉センターに来所いただければ(但し予約が必要)、保健師が対応させていただきます。

◎健康教育
 ・ふれあい食事会 ・男性の料理教室 ・生活習慣病予防教室 ・お腹スリム教室
 ・ふれあいいきいきサロン等を実施しています。

◎訪問指導
 寝たきり、認知症、健康診断後の要指導者に対し、保健師が家庭を訪問して保健指導を行います。
  予防接種事業
◎乳幼児の予防接種について
 乳幼児の予防接種は個別接種です。対象の方には、個別通知をしております。
 ※ハイリスクの方につきましては、県外の医療機関でも接種する事が可能です。
 ・通院されている方は、接種前に主治医と相談してください。
 ・個別接種時には、「母子健康手帳」と「予診票」、「接種依頼書」を必ず持参してください。また、「予診票」と「接種依頼書」は、予防接種名と、何回目の接種かを確認して、正しい書類を持参してください。

◎小学生の集団予防接種について
 平成29年度から、小学生以上の予防接種も個別接種のみとなります。
 対象の方には、個別通知をします。
 ・通院されている方は、接種前に主治医と相談してください。
 ・個別接種時には、「母子健康手帳」と「予診票」、「接種依頼書」を必ず持参してください。また、「予診票」と「接種依頼書」は、予防接種名と、何回目の接種かを確認して、正しい書類を持参してください。
指定医療機関 電話番号 実 施 日
くしもと町立病院
小児科(串本町)
要予約 
62-7111
月・水曜日の14時00分~
★予約の電話は、
火・木・金曜日の午後3時~5時におかけください。
すずきこども
クリニック 
(新宮市)
要予約 
0735-28-0111
月・水・木・金・土曜日
14時00分~
坂下小児科
(新宮市)
要予約 
0735-22-0115
月・火・水・金・土曜日(土曜日は午前中のみ)
9時00分~11時30分・
14時00分~17時00分
真砂小児科
(新宮市)
要予約 
0735-29-7313
月・火・金曜日:14時00分~15時00分
土曜日 :14時00分~16時00分
★下記の医療機関は、
小学生以上の日本脳炎と二種混合の予防接種のみとなります。 

指定医療機関 電話番号
明神診療所 要予約(希望日の3日前までに)Tel:67-7113
三尾川へき地診療所 要予約(希望日の3日前までに)
Tel:75-0018 またはTel:77-0232【七川診療所】
◎成人用肺炎球菌ワクチン予防接種について
 
<予防接種の対象年齢・接種方法>





球菌
対象年齢 接種方法 摂取期間 備考
○接種日に古座川町に住所を有する方。
○満60~65歳で、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する方。
○満60~65歳で、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。
1回皮下または筋肉注射 平成29年4月1日から
平成30年3月31日まで
・自己負担2,000円
(生活保護受給者は無料)
・公費接種は生涯1回限りです。
・今までに1回でも肺炎球菌予防接種をした人は対象外です。
・任意で再接種を希望する場合は、5年以上の間隔を空けてください。
○平成29年度において、65・70・75・80・90・100歳になる人
※平成31年度以降の高齢者肺炎球菌の接種対象者は、今後の接種状況などを踏まえ国で検討していく予定です。
◎高齢者インフルエンザ予防接種の助成について
<予防接種の対象年齢・接種方法>








ンザ
対象年齢 接種方法 摂取期間 備考
○接種日において古座川町に住所を有する方。
○満65歳以上の方。
○満60~65歳で、心臓、じん臓又は呼吸器の機能に自己の身辺の日常生活が極度に制限される程度の障害を有する方。
○満60~65歳で、ヒト免疫不全ウイルスにより免疫の機能に日常生活がほとんど不可能な程度の障害を有する方。
1回皮下または筋肉注射 平成29年10月1日から
平成30年1月31日まで
・自己負担1,000円
(生活保護受給者は無料)
★接種医療機関については、個別通知に記載しております。
◎子宮頸がん予防ワクチン接種について
子宮頸がん予防ワクチンは、平成25年4月から定期接種により実施されていますが、
平成25年6月14日開催の厚生科学審議会予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会において検討された結果、定期接種は継続するものの、積極的な接種勧奨を差し控えることとなりました。接種を希望する人は、ワクチンの有効性や副反応を十分にご理解いただいたうえで、接種を受けるか否かをご検討ください。
今後、積極的な接種勧奨の再開については、副反応症例の調査結果により改めて判断されます。
  資 料
  ◆厚生労働省 子宮頸がん予防ワクチンに関する情報
   
  ※外部リンク
 
◎予防接種による健康被害救済制度について
予防接種によって引き起こされた副反応により、医療機関での治療が必要になった
り、生活に支障がでるような障害を残すなどの健康被害が生じた場合は、定期予防接種・任意予防接種で異なりますが、法律に基づく給付を受けることができます。

・定期予防接種
 予防接種法に基づく医療費・障害年金などの補償が受けられます。
(例)BCG・二種混合・四種混合・MR(麻しん、風しん)・日本脳炎・子宮頸が  
ん予防・ヒブ・小児用肺炎球菌・水痘・B型肝炎・高齢者季節性インフルエンザ・高齢者肺炎球菌など

・任意予防接種
独立行政法人医薬品医療機器総合機構法に基づく補償が受けられます。
(例)65歳未満季節性インフルエンザ・おたふくかぜ・ロタウィルスなど 

手続き方法・詳細については、関連リンクをご覧ください。
・関連リンク
 ◆厚生労働省 予防接種健康被害救済制度
   

   
◎成人の風しん予防接種について
全国的に流行している風しんを予防するため、さらに先天性風しん症候群の
発生を抑えるために大人の風しん予防接種費用の助成を、平成29年度も引き
続き実施します。
<対象者>
古座川町に住民登録を有する、下記に該当する方
○19歳以上50歳未満の妊娠を希望する女性
(昭和42年4月2日~平成11年4月1保日生まれの方)

○妊婦の配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係にある者を含む。)
<実施期間> 平成29年4月1日から平成30年3月31日
<実施回数> 1人につき1回
<実費負担> 無料 ※医療機関で接種費用を支払った後に、役場・健康福祉課に申    
請してください。

★予防接種後に、接種内容(被接種者名・予防接種名・接種日・支払金額・医療機関名)のわかるもの(領収書等)を医療機関から必ず受け取ってください。

<申請方法>
申請受付期間:平成29年4月10日から平成30年3月31日
予防接種後に、役場・健康福祉課に申請してください。

<申請に必要なもの>
①氏名、住所、年齢が確認できるもの(健康保険証、運転免許証等)
②領収書(被接種者名・予防接種名・接種日・支払金額・医療機関名のわかるもの)
③振込口座がわかる通帳(被接種者名義)及び印鑑
④妊婦の配偶者は、母子健康手帳

★注意事項
  ○ワクチン接種後は2か月間の避妊が必要です。
  ○実施期間以外の接種は、助成の対象になりません。
  ○申請期間以外の申請は、助成の対象になりません。


※健康被害救済制度について
  予防接種法に定められていない任意の予防接種となります。万一、ワクチン接種
により重篤な副反応が生じた場合は、予防接種法による健康被害救済制度ではなく、
独立行政法人医薬品医療機器総合機構救済制度による救済の対象となります。
  国民年金の加入
日本国内に住所がある20歳以上60歳未満の人で、次の第2号、第3号被保険者を除いた人。障害年金や遺族年金を受給している人、老齢年金の資格期間を満たしている人も含まれます。
第2号被保険者:厚生年金、共済組合の加入者。
第3号被保険者:第2号被保険者の被扶養配偶者で20歳以上60歳未満の人。
国民年金の加入、届出、受給について詳しくは下記のページで紹介します。
◆国民年金について
  福祉について
◎民生児童委員への相談について
くらしのことなどでお悩みの方はお近くの民生児童委員にご相談ください。
◎身体障害者手帳
身体に障害が出たときは、その障害の程度により身体障害者手帳の交付をうけることができます。申請には、指定医師の意見書が必要となります。
詳しくは、下のボタン
◆ライフステージ「福祉・介護」で詳しく紹介



◎子ども手当について
平成22年4月から児童手当に替わり、子ども手当が創設されました。
子ども手当については、 下のボタン◆ライフステージ「子育て・子供」で詳しく紹介


◎保育所
古座川町では、日々保護者の委託を受けて、保育に欠けるその乳児叉は幼児を保育することを目的に、町内2カ所に保育所を設けています。
保育所については、◆ライフステージ「入園・入学」で詳しく紹介
  介護保険について
介護保険制度は、介護が必要な方の介護費用を国、地方自治体と国民がそれぞれ負担し、安心して介護サービスが受けられるよう、社会全体で高齢者の介護を支える保険制度であり、原則として40歳以上の方が加入する制度となっています。
介護保険について、
▼詳しくは下記のページで紹介しています。
介護保険制度について
 ▼介護保険制度とは?  ▼介護保険料について
 ▼「介護保険証」が届いたら  ▼第6期古座川町介護保険事業計画
介護予防
 ▼介護予防事業  
相談窓口と要介護認定について
 ▼相談窓口の古座川町高齢者相談センター  ▼認定結果通知を受け取ったら・・・
 ▼「要介護認定」を受けるには
 どうすればいいの?
 ▼認定の有効期間について
介護サービスについて
 自宅で介護を受けたい。自宅で介護がしたい。
 ▼介護保険の在宅サービス  ▼古座川町内施設・地域密着型サービス
 事業所一覧
 ▼古座川町内の居宅介護・介護予防支援
 ・ 居宅サービス事業所一覧
 ▼介護保険以外に古座川町が行う
 在宅介護を支える事業
 ▼古座川町内介護サービス事業所一覧  
◆介護予防・日常生活支援総合事業について
 平成29年4月1日より、介護予防・日常生活支援総合事業が始まります。
▼介護予防・日常生活支援総合事業について ▼介護予防・日常生活支援総合事業所
 指定申請について(事業所向け)
◆その他
▼指定市町村事務受託法人の指定について ▼古座川町介護職員初任者研修受講支援事業について
各種様式一覧
 要介護認定申請書等、各種様式のダウンロードはこちらからお願いします。
・要介護(要支援)認定申請書(新規・更新)
・要介護(要支援)認定申請書(変更)
・介護予防サービス計画作成依頼届出書
・居宅サービス計画作成依頼届出書
・介護保険 被保険者証等再交付申請書
・要介護認定・要支援認定情報提供申出書
・介護保険負担限度額認定申請書
・社会福祉法人等利用者負担軽減対象確認申請書
  古座川町地域福祉計画(平成28~32年度)
地域福祉計画とは

誰もが住み慣れた地域で安心して生活していけるよう、地域住民や社会福祉法人、ボランティア、行政などが協働し、助け合える社会を築いていく、そのような考え方や取り組みが「地域福祉」です。
古座川町では、地域福祉推進を図るため、「ささえあい 笑顔と清流のまち こざがわ」を基本理念とした「古座川町地域福祉計画」を策定しています。
本計画は、古座川町第5次長期総合計画(平成27年度から平成36年度)を上位計画とした地域福祉を推進する計画であり、社会福祉法第107条に基づく市町村地域福祉計画です。


◆地域福祉計画書(PDF)


◆福祉計画アンケート実施内容報告書(PDF)


◆地域福祉計画書概要版(PDF)

  第2期古座川町障害者基本計画(平成28~37年度)
古座川町障害者基本計画とは
古座川町では、平成19年度から平成28年度まで10年間の障害者基本計画を策定し、障害のある人の地域生活を支援するためのサービス基盤の整備に取り組んできました。
今回の第2期障害者基本計画は、「自立と支えあいによるまちづくり」という基本理念を継承し、本町における障害福祉サービスの利用者数の増加やサービス拡大に対応するとともに、制度をより安定的に持続可能な利用が出来るように、これまでの古座川町の障害福祉施策の基盤整備の実績を踏まえながら、国の指針に基づき基本目標を設定し、本計画及び障害福祉計画を策定しました。


◆障害者基本計画書(PDF)

  障害者優先調達推進法について
「国等による障害者就労施設等からの物品等の調達の推進等に関する法律(障害者優先調達推進法)」が施行されました。
この法律は、国や地方公共団体などの物品等の調達に当たり、障害者就労施設等から優先的に物品等を調達することにより、障害者就労施設で就労する障害者や在宅就業障害者等の自立の促進を図ることを目的としています。これに基づき、町が行う物品及び役務等の調達について本年度の方針を次のとおり策定しました。


◆古座川町障害者優先調達推進方針(PDF)


◆平成28年度調達実績(PDF)

Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved