ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ゴミ収集カレンダー
◆施設の予約状況
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  乳幼児健診
○乳児・産婦の家庭訪問を行い育児支援をしています。
○乳幼児健診として、4ヶ月 ・ 10ヶ月 ・ 1歳8ヶ月 ・ 2歳6ヶ月
 3歳6ヶ月児健診を実施しています。
 対象の方にはご案内いたします。
 なお、転入者については健診日に近い転入等で案内が漏れる場合がありますので、
 転入手続きの際にお問い合わせください。
 スタッフは、小児科医師、栄養士、看護師、保健師、歯科医師、歯科衛生士等で健診、
 会場は串本町地域保健福祉センターにおいて実施しています。
 ※1歳8ヶ月 ・2歳6ヶ月 ・ 3歳6ヶ月児においては歯科検診実施
健診・相談 受付時間 内  容
4ヶ月児健診 13:30〜14:00 問診・身体計測・診察
離乳食指導・保健指導
10ヶ月健診 13:00〜13:30 問診・身体計測・診察
離乳食指導・保健指導
1歳8ヶ月児健診 13:00〜13:30 問診・検尿・身体測定・診察(内科・歯科)
歯科ブラッシング指導・栄養指導・保健指導
2歳6ヶ月児健診  13:00〜13:30 問診・検尿・身体測定・診察(内科・歯科)
歯科ブラッシング指導・栄養指導・保健指導
3歳6ヶ月児健診  13:00〜13:30 問診・検尿・身体測定・診察・(内科・歯科)
保健指導
  予防接種
国が定める、定期予防接種は無料で接種が出来ます。
 (基準の年齢を超えると、自費での接種になります)

・小学生未満
 医療機関で個別接種をしていただきます。
 子どもが出生後、小学校入学までに接種できるワクチンの依頼券・予診票の一式をお渡ししておりますので、
 医療機関を予約し、接種してください。
 接種スケジュール等のご相談にも応じていますので、ご不明な点あれば健康福祉課までご連絡ください。

・小学生〜高校生   
 集団接種と個別接種の両方を実施しています。
 集団接種の対象者には、接種日の前に個別通知をさせていただいております。集団接種ができない場合は、医療機関で接種してください。
【集団予防接種対象者】
二種混合 小学6年生
日本脳炎 9歳〜高校3年年生
※注意※
風邪や下痢などの病気にかかっていたり、熱がある時の予防接種は見合わせてください。
重篤な感染症にかかった場合は、麻しんや風疹なら治癒後4週間、水痘やおたふくかぜ等なら治癒後2〜4週間程度接種を避ける必要があります。治癒後の状態を医師が判断し、接種を決定します。
接種時通院されている方は、主治医と相談してからお越しください。
接種当日、接種した後気分が悪くなったりする恐れがあるので、接種会場に30分待機していただきます。
 
  児童手当
児童手当は、子どもを養育している方に手当を支給することにより、次代の社会を担う子どもの健やかな育ちを支援することを目的としています。

【支給対象】
児童手当は、出生から中学校修了(15歳になった後の最初の3月31日)前の子どもを養育している方に対して支給されます。
※公務員の場合は、勤務先から支給されます。

【手当支給額(1人あたり)】
3才未満 15,000円
3才以上小学校修了前 第1子、第2子 10,000円
第3子 15,000円
中学生 10,000円
所得制限世帯 5,000円

【支払時期】
児童手当の支給は、認定請求をした日の属する月の翌月から開始され、支給事由の消滅した日の属する月分で終了します。
なお、手当は原則として毎年2月5日(10月〜1月分)、6月5日(2月〜5月分)、10月5日(6月〜9月分)に、それぞれの前月分までが支給されます。

【手続きに必要なもの】
 ・印鑑
 ・金融機関の預金通帳(請求者本人名義)
 ・健康保険被保険者証のコピー(請求者本人分)
  請求者が被用者(サラリーマン等)である場合

【その他】
・年1回6月1日〜30日の間に、現況届を提出しなければなりません。
・住所や世帯の変更に伴い、届出が必要になる場合があります。

【寄付について】
子ども・子育て支援の事業に活かすために、児童手当の全部又は一部を古座川町に寄付する旨の申し出をすることができます。
ご希望の方はお問い合わせください。

※詳しくは住民福祉課 までお問い合わせください。
  子ども医療費助成制度
乳幼児の保険診療の自己負担分と入院時食事療養費を助成する制度です。

【対象期間】
生まれてから、18歳に達した後、最初の3月31日まで。
【所得制限】
なし
【手続きに必要なもの】
・印鑑(認印可)
・ 健康保険証等
【支払方法】
現物払い、償還払い併用
※「償還払い」とは
  医療機関で受給者に一部負担金を支払ってもらう。その領収書をもって役場または
  各出張所に申請してもらい、後にその金額を受給者の指定口座に振り込む。
 「現物払い」とは
  医療機関で受給者が一部負担金を支払わず、役場が直接医療機関に支払う。
 児童扶養手当
・ 児童扶養手当とは
父母の離婚などで、父又は母と生計を同じくしていない子どもが育成される家庭(ひとり親家庭)の生活の安定と自立の促進に寄与し、子どもの福祉の増進を図ることを目的として支給されます。
・ 支給の対象
@父母が離婚した後、父又は母と別れて生活している児童
A父又は母が死亡した児童
B父又は母が政令で定める程度の障害の状態にある児童
C父又は母の生死が明らかでない児童
D父又は母から引き続き1年以上遺棄されている児童
E父又は母が引き続き1年以上拘禁されている児童
F母が婚姻によらないで出生した児童
G父又は母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童

ただし、次の制限があります。
○公的年金や遺族補償を受けている方には支給されません。
○所得制限があります。
・ 支給金額
【月 額】 
・児童1人の場合
   全部支給 42,290円
   一部支給 42,280円〜9,980円(10円単位で設定)
・児童2人以上の場合
  2人目
   全部支給 9,990円
   一部支給  9,980円〜5,000円
  3人目以降
   全部支給  5,990円
   一部支給  5,980円〜3,000円
・ 現況届について
児童扶養手当を受給されている方は、毎年8月1日から8月31日まで に現況届を提出しなければなりません。もし、現況届を提出されないと、引き続いて受給する資格があっても、8月以降の手当の支給を受けられなくなりますのでご注意ください。

※請求の手続きやこの制度の仕組みなど、詳しくは税務住民課までお問い合わせください。
  特別児童扶養手当 
【手当を受けることができる方】
この手当を受けることができる方は、20歳未満で身体や知的または精神に中程度以上の障害をもっている児童、または長期にわたる安静を必要とする症状にある児童を監護している保護者の方です。

しかし、次の場合は手当を受けることができません。
○手当を受けようとする方や対象となる児童が、日本国内に住んでいないとき
○児童が障害を支給事由とする公的年金を受けることができるとき
○児童が児童福祉施設など(通園施設を除く)に入所しているとき

【月 額】
手当の額は、児童の人数と障害の等級に応じて支給されます。いずれも児童が1人の場合です。
 1級 月額51,450円
 2級 月額34,270円
※所得による手当の支給制限などがあります。
  詳しくは健康福祉課までお問い合わせください。
和歌山県ホームページ内「特別児童扶養手当制度案内」(外部リンク)
 http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/040400/tokuji/tokujiseido.html#conte

  子ども救急相談ダイヤル
子どもが急病になった時、すぐに病院に行った方がいい?
それとも翌朝まで様子を見て大丈夫?
判断に迷ったらお電話ください。
専門の看護師(必要に応じて医師)が相談に応じます
(ただし、治療行為ではありません)

●子ども救急相談ダイヤル
相談日時  毎日 19時から23時
携帯電話やプッシュ回線は #8000
ダイヤル回線やIP電話等をご利用の場合は 073-431-8000

・和歌山県ホームページ内こども救急相談ダイヤル(外部リンク)
 
Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved