ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ごみ収集予定表
◆施設の利用について
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  古座川町の産業振興について
古座川町の農業は稲作、野菜栽培のほか町の特産品である柚子や花木づくりなどが主であり、適地適作目の導入や、農産物加工の推進に努めています。林業については、優良な古座川材の産地として生産及び経営の近代化を図るため林道網に努め、間伐促進や特殊材、特用林産物の生産を進めています。
一方観光資源として、清流と山岳美、恵まれた温泉源があり、自然との調和に努めながら、一枚岩や月野瀬温泉、佐田七川ダム湖畔、滝の拝などを中心に拠点整備を図り、観光の振興に努めています。
  産業別就業人口と推移
産業別 平成12年 平成17年 平成22年 平成27年
人口 人口 人口 人口
第一次産業 205 14.3 162 12.6 137 12.1 143 13.8
第二次産業 294 20.5 196 15.2 174 15.4 140 13.5
第三次産業 933 65.2 927 72.0 806 71.3 753 72.4
総  数 1,432 100 1,287 100 1,131 100 1,040 100
資料:国勢調査
農 業 林 業
資料:平成27年農林業センサス 資料:平成27年農林業センサス
農業就業人口 111人 林業就業人口
農業家数 197戸 林家数 233戸
      専業農家 41 森林面積(ha) 28,107
第1種兼業農家 2     固有林 586
第2種兼業農家 27 民有林 27,730
経営耕地面積(ha) 62 人工林率
 
商 業 工 業
資料:平成24年経済センサス-活動調査 資料:平成26年工業統計
商店数 37店 事業所数 3店
従業員数 106人 従業員数 20人
年間販売額(百万円)      933 年間販売額   
(4人以上の事業所と1~3人の特定業種事業所)
  中山間地域等直接支払制度 実施状況の公表について
 中山間地域等は流域上流部に位置します。その地域の農業・農村は、水源かん養機能・洪水防止機能等の多面的機能を有します。それは、当該地域のみならず、下流域の都市住民の生命・財産と豊かな暮らしが守られております。つまり、中山間地域の多面的機能が国民全体にその恩恵を与えているのです。
 しかし、当該中山間地域では高齢化が進んでいる上に、平地に比べ自然的・経済的・社会的条件が不利なことによる担い手不足・耕作放棄の増加等と、多面的機能の低下に追いうちをかけ、国民全体にとっても大きな経済的損失を招こうとしております。
 そこで、このような状況を踏まえ、食料・農業・農村基本法(平成11年法律第106号)に基づき、施策として平成12年度より、上記機能を維持すべく不利条件を補正する「中山間地域等直接支払」交付金を、一定条件を満たす農業者に対し、支払うことを開始しました。
 古座川町においても農業生産活動を支援し、古座川流域の多面的機能を維持・確保すべくこの制度を実施しております。

◆古座川町の実施状況 (令和2年度)[PDF]
 
◆過去の実施状況 [PDF]
 
  人・農地プランの公表について
 「人・農地プラン」とは、農業者の話し合いに基づき、その地域における農業の将来の在り方などを取りまとめ、市町村によって公表されるものです。
このたび、古座川町において『実質化された人・農地プラン』として取りまとめましたので、次のとおり公表します。

◆古座川町内における『実質化された人・農地プラン』[PDF]
 
  古座川町工場設置奨励について
 古座川町の産業の振興と雇用の増大に特に寄与すると認められる工場を、町内に新設する事業者に対して、過疎地域自立促進特別措置法による町税の特別措置に関する条例(昭和63年条例第14号)に規定するもののほかに、特別な奨励措置をおこないます。
※詳しくは、古座川町役場地域振興課まで、お問い合わせ下さい。
  緑の山村定住促進事業補助について
 山村の振興を図るため、和歌山県緑の山村定住促進事業補助金交付要綱に基づく補助事業で生産組合等の協業体が実施する経費について、古座川町が当該協業体に対し、補助金を交付します。
 和歌山県緑の山村定住促進事業補助金交付要綱に基づく事業を補助対象とし、補助率は補助対象経費の75%以内です。
※詳しくは、古座川町役場地域振興課まで、お問い合わせ下さい。
◆農業について
農業は稲作、野菜栽培のほか町の特産品である柚子や花木づくりなどが主であり、適地適作目の導入や、農産物加工の推進に努めています。
◆林業について
林業については、優良な古座川材の産地として生産及び経営の近代化を図るため林道網に努め、間伐促進や特殊材、特用林産物の生産を進めています。
◆古座川町の特産品について
古座川町の特産品には、気候風土が適している事から良質の柚子が産出され、ゆず加工品の販売も行われています。また、山間部ではシキミやビシャゴなどの花木、紀州備長炭、日本ミツバチの蜜など高く評価されている物がたくさんあります。
その他、市場出荷には至りませんが、全国屈指の清流古座川には天然の鮎、ウナギ、テナガエビなども多く生息し、古座川の名物として地元飲食店などで出されています。
  水土里のむら機能再生事業
和歌山県の実施するソフト事業「参詣道と水土里(みどり)のむら機能再生支援事業」で、平成18年度、古座川町は平井、西川、鶴川の3区が選ばれました。
この事業は、地域住民が主体となった自ら考え行動する地域づくりを進めるため、平成17年度から参詣道と水土里のむら再生支援事業で国立大学法人東京農工大学、地域生存支援LLPと連携して、住民による「農山村の新たな『げんき』を生みだす試み」に向けた事業です。
【みんなで考えるこれからの暮らし】
・役場頼りで、これからすべて上手くいくでしょうか?みんなで考え、一緒にやっていく時代がやって来ました。
・今この地域の課題をみんなで考え、どうしていくかを話し合う会です。
・さまざまな課題を、どうすれば解決できるでしょうか?今ここにあるものを、活かすことが必要ではないでしょうか。
・ここにあるものを、あらためてみんなで出し合い、利用を考えることが重要だと考えます。
  高瀬地区簡易給水施設事業の活性化計画の公表について
高瀬地区簡易給水施設事業実施に伴い活性化計画を公表します。
<公表理由>
農山漁村の活性化のための定住等及び地域間交流の促進に関する法律第5条第10項の規定に基づき公表する。
公表文書一覧(PDF形式)
◆高瀬地区活性化計画
◆農山漁村活性化プロジェクト支援交付金対象事業概要
◆事前点検シート
◆高瀬地区活性化計画区域図
  古座川町鳥獣被害防止計画について
町内における鳥獣被害は、イノシシ、シカ、サルを中心に農作物への被害を与え、令和元年度の被害額は、2,437千円ではありますが、イノシシの増加による被害拡大が認められています。イノシシ・シカ・サルについては、山間地域にとどまらず、町内全域で民家周辺の圃場や家庭菜園にまで被害が及んでいます。アライグマについても、少ないながらも目撃情報や被害は出ており、今後の被害拡大も予想されます。
このような状況から、次の通り被害防止計画を作成しました。
◆古座川町鳥獣被害防止計画
 
 Adobe Readerのダウンロードへ
PDF形式のファイルを開くにはAdobe Readerが必要です。お持ちでない方は、Adobe社から最新版が無償ダウンロードできます。
  林業の求人情報・求職者登録とイベント情報の公開
 ・わかやま森の職業紹介ナビ
  ▲webサイトは、林業版のハローワークです。
    求人情報の閲覧・求職者登録・情報希望者登録でマッチングサイト。
     林業現場の1日体験、就職相談会のスケジュール等も掲載しています。
Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved