ホーム 古座川町概況 暮らしの情報 観光ガイド 町づくり施策 サイトポリシー
  古座川町概況
◆古座川町長あいさつ
◆町勢要覧
◆人口と世帯数
◆交通アクセス
  役に立つ情報
◆ふるさとバス時刻表
◆ゴミ収集カレンダー
◆施設の予約状況
◆広報誌
◆洪水・津波ハザードマップ
◆ライブカメラ
  出来事・ライフステージ
◆妊娠・出産
◆子育て・子供
◆入学・入園
◆成人・社会人
◆就職・退職
◆結婚・離婚
◆転居・住宅
◆福祉・介護
◆弔事・葬儀
  くらしの情報
◆申請・届出・証明
◆くらし・税・環境
◆医療・健康・福祉
◆消防・防災・災害対策
◆教育・文化
◆町議会
  古座川観光ガイド
◆古座川町の観どころ
◆イベント・まつり
◆遊ぶ・体験
◆食べる・泊まる
  町づくり施策
◆農林水産業・産業
◆ふるさとづくり寄付
◆古座川で田舎暮らし
  林業について
林業については、優良な古座川材の産地として生産及び経営の近代化を図るため林道網に努め、間伐促進や特殊材、特用林産物の生産を進めています。
  林業労務者単独共済事業補助金について
 古座川町に在住する林業労務者に対し、毎年一時金を給付することにより労働力の確保と雇用の安定を図り、あわせて林業労務者の福祉の向上に資することを目的としています。
 補助金は、南紀森林組合に対して、古座川町林業労務者単独共済事業実施要綱第8条の規定に定めるところにより交付します。
※詳しくは、古座川町役場産業振興課まで、お問い合わせ下さい。
  林道治山業務について
主な活動内容
(1)林道事業に関すること。
 ア、林道の新設、改良、維持補修及び災害復旧に係る調査及び設計監督に関すること
 イ、林道台帳の整備に関すること。
 ウ、県営林道事業に関すること。
 エ、その他林道関係に関すること。
(2)林道の占用願の受付処理に関すること。
(3)工事施工に関すること。
 ア、工事請負契約に関すること。
 イ、工事分担金に関すること。
 ウ、用地補償及び取得に関すること。
(4)治山事業に関すること。
 ア、保安林の申請及び解除に関すること。
 イ、小規模治山事業に関すること。
 ウ、その他治山事業(県営事業等)に関すること。
  林業退職金促進事業補助金について
 林業労働者の福祉の向上及び林業労働力の安定的確保に資することを目的として、事業主が行う中小企業退職金共済法(昭和34年法律第160号)に基づく林業に係る特定業種退職金共済契約の成立を促進する事業に要する経費に対して補助金を交付します。
 補助の対象となる経費は、事業主が行う法に定める掛金に要する経費であって次に掲げる要件のすべてを満たすものです。
 (1)法に定める被共済者は、古座川町の住民基本台帳に記録された者であること。
 (2)共済契約者が納付した掛金の日数が年間150日以上となる被共済者(当該年度の
   途中に被共済者となつた者については、掛金を納付した者が連続4箇月以上、毎月
   の掛金の日数が15日以上の者とする。)であること。
 (3)被共済者が70歳未満であること。
 補助金は、被共済者1人につき事業対象掛金総額の40%を交付します。
 補助の対象となる事業の期間は、1月1日から12月末日までとする。
※詳しくは、古座川町役場産業振興課まで、お問い合わせ下さい。
  企業の森について
「企業の森」とは、和歌山県が全国に先駆けて実施した事業で、企業や労働組合が「地球環境保全の森」、「世界遺産環境を守る森」等として、森林資源を所有すること等により自然環境保全や研究林、森林浴に活用していただくものです。
古座川町では下記の山林が「企業の森」として設置されました。
■名称 「コープきょうどうの森」
・所在地:東牟婁郡古座川町洞尾(うつお)
・面  積:約0.7ha
・現  況:無立木地
・所有者:町有林
・活動内容:植林、周辺散策やハイキ
 ング、研究林として
・所管森林組合:南紀森林組合
 森林公園「どんどろの森」の一角
■森林の現況
・車・バス:近畿自動車道紀勢線田辺ICよりR42経由約120分
・最寄り駅:JRきのくに線古座駅(駅からバス約30分)
・飛行機:南紀白浜空港(空港からバス約120分)
■交通アクセス
・名勝「古座川の一枚岩」がすぐ隣にあり、キャンプ場、トイレ、倉庫も完備。
・最大70名まで宿泊できる「南紀月の瀬温泉 ぼたん荘」まで、車で20分、周辺の渓流では川遊び、カヌー体験が可能。
■周辺施設等
・一枚岩のすぐ裏
■平成20年4月19日わかやま市民生協(本部・和歌山市)の組合員や家族200人が来られ、古座川町洞尾(うつお)の森林公園「どんどろの森」で植樹活動をしました。
Copyright @ Town Kozagawa Wakayama.jp . All Rights Reserved